平和教育学研究会に提出されレジメ(PDFファイルで配布)

 第1回(05年6月25日)
  「20世紀の平和教育から21世紀の平和教育へ」
                           竹内久顕(東京女子大学教員)

 第2回(05年7月23日)
 「リアドン/カベスード『戦争をなくすための平和教育』(明石書店)
        の提示する平和教育とは」
  
                           小島健太郎(成蹊中・高校教員)

 第3回(05年8月27日) 
 「原爆投下の是非を問う授業−アメリカでの実践例」

                              武藤正人(筑波大学大学院生)
 第4回(05108)
 「EIPの平和・人権教育トレーニングに参加して
        −ミレニアム開発目標との関連で」
                            上條直美(明治学院大学国際平和研究所)
 第5回(05年11月19日)
 「現代の国際紛争を考える平和教育プログラム」
                             清水功也(立教大学大学院生)
第6回(06年1月14日)
 「紛争解決教育について」
                             名嘉憲夫(東洋英和女学院大学教員)
 第7回(06年2月25日)
 「平和への心理学的アプローチ」
                             杉田明宏(大東文化大学教員)
 第8回(06年3月23日)
 「開発教育の現状と課題−日本の地域課題との接近」
                             上條直美
 第9回(06年4月8日)
 「国際理解教育と平和教育−フィリピンの事例から」
                             淺川和也(東海学園大学教員)
 10(06527)
  「学生と考えるメディアの暴力性」
                             瀧口優(白梅学園短期大学教員)
 11(06617)
  「平和を求めるイスラエル人による平和教育
             −NGOによる平和教育活動の現実」
                             冨樫茂(ヘブライ大学大学院生)
第12回(06年7月17日)
  「平和教育の世界的動向
   −IPRA(国際平和研究学会)大会に参加して」
                             藤田秀雄(立正大学名誉教授)
 13(06827)
  埼玉県立平和資料館・丸木美術館フィールドワーク
                             案内:杉田明宏
 第14回(06年9月16日)
  「下嶋哲朗『平和は退屈ですか』(岩波書店)をどう読むか」
                             小畑典子(横浜国立大学大学院生)
 15(06107)
  「途上国の現実をどう伝えるか
     −バングラデシュの開発支援に即して」
                             中森あゆみ(国際協力NGOシャプラニール)
 第16回(06年12月2日)
  「広島の平和教育を学ぶ
      −『平和教育実践事典』を手掛かりに」  
                           小島健太郎
 第17回(06年1月27日)
  「コミュニケーション・モデルから捉えた
       『平和のための博物館』−展示解説の視点から」
                             清水庸平(横浜国立大学大学院生)
 18回(07年2月17日)
  「プラネタリウムで学ぶ戦争と平和
        −『戦場に輝くベガ』の取り組み」
                             宮川彩乃(東京女子大学学生)
 第19回(07年3月10日)
  「平和形成の教育:日英の中学生の意識調査から」
                            村上登司文(京都教育大学
 第20回(07年5月26日)
  「南アフリカにおけるHIVと女性
        −ジェンダーの視点を中心に」
                        山村順子(英国イースト・アングリア大学大学院生)
 第21回(07年6月30日)
  「平和教育の危機と展望
         −改定教育基本法下での平和教育のあり方」
                             竹内久顕
 第22回(07年9月8日)
  「岡本三夫『平和教育の危機と希望』
           (『平和学は訴える』(法律文化社))を読む」

                            問題提起:竹内久顕
                            コメント:岡本三夫(広島修道大学名誉教授)
 第23回(07年10月20日)
   「フィリピンと日本を結ぶビデオメッセージ・プロジェクト」
                     (上映&ディスカッション)
                             神直子(「BRIDGE FOR PEACE」代表)
 第24回(07年11月17日)
  「国際平和教育研究集会(IIPE)に参加して
      −平和教育の国際ネットワークから地域の拠点づくりへ」
                             下島泰子(県立高等学校教員)
  「9条世界会議−子どものためのワークショップ
       『プロジェクト・ピース・ナイン』実施に向けて」
                        矢澤実穂(9条世界会議キャンペーン部ボランティア)
 第25回(08年2月23日)
  「大学における『包括的平和教育』の実践」
                             松井ケティ(清泉女子大学教員)
 第26回(08年3月28日)
  「高校における『平和開発論』実践から考える、
         現代の平和教育の課題」
                             杉浦真理(立命館宇治中・高校教員)
 第27回例会(08年4月26日)
  「『あんにょんサヨナラ』円卓シネマの試み」
                             進行:伊藤哲司(茨城大学教員)
                     (日本平和学会「平和教育」「平和と芸術」分科会との共催)
 第28回例会(08年7月12日)
 
「平和教育・紛争解決教育の評価プロジェクトの意義
            −オハイオの紛争解決教育国際会議から」

 (The World of Possibilities: The Significance and Importane of PeaceEducation and
       Conflict Resolution Education Evaluation Project)

                             松井ケティ
 第29回例会(08年9月20日)
  「『戦争』『暴力』のイメージ化
        −映像メディアが伝えるもの−」

             
             松尾明子(明治学院東村山高校教員)
 第30回例会(08年10月18日)
 「90年代以降の『平和教育批判』の検討
                           竹内久顕
 31回例会(08年12月25日)
  
「平和教育学の可能性−日本平和学会報告を振り返る」
          
問題提起:堀孝彦(名古屋学院大学名誉教授)
                           
杉田明宏・小島健太郎
                       コメント:村上登司文・竹内久顕
 第32回例会(09年3月28日)
 「海外の動向から考える、日本の平和教育
        −未来的視点、政治的中立、参加型学習などについて」

                           野島大輔(立命館大学大学院生・高校教員)
 第33回例会(09年5月30日)
 「戦争を知らない若者と平和の架け橋
        ―UWCAd、ピースボートでの経験から」
                           畠山澄子(ピースボート)
 34回例会(09年7月18日)
 「『平和』の国コスタリカの実態
         ーコスタリカの『平和』『平和教育』再考」
                           高部優子(清泉女子大学大学院生)
 35回例会09年12月19日)
 「
『平和ワーク』における芸術アプローチの可能性」
                   奥本京子(大阪女学院大学教員)
36回例会(10年1月23日)
 「近年の平和教育論の3つの流れ」          竹内久顕
 「『平和学を学ぶ人のために』(社会思想社)から学ぶ」
                           小島健太郎
 37回例会(10年2月27日)
  「高校社会科の授業実践から考える平和教育の課題」
                    小島健太郎
 第38会例会(10年3月13日)
「『戦後日本の平和教育の社会学的研究』(学術出版会)の文献講読」
                           第1章      清水功也
                           概要紹介・発題  村上登司文
 



             トップページに戻る